子供の早期教育とは

早期教育とは

早期教育とは子供に早く習い事をさせることで、具体的な年齢層は0歳から3歳までといわれています。

 

早い段階から様々な習い事をさせることで、幼いうちに脳の発達を促進させる効果が期待されています。

 

0歳から3歳の子供の脳は未完成な状態にあり、そこに刺激を与えることで吸収するため、脳の発達が促進されるという仕組みになっています。

 

自我が発達していない年代なので、親の言うとおりに学習し、さらにそれを楽しんでくれるでしょう。

 

しかし、子供は成長するにつれて自己主張がハッキリしてくるものです。

 

子供は4歳くらいで段々と自我が出てくるので、親の意思は反発されがちになってしまうでしょう。

 

自我が出てくる時期に習い事をさせることは容易ではありません。

 

仮にその時期に習い事をさせたいのであれば、子供の意思を尊重することが大切です。

 

その場合は子供の好きなようにさせてあげた方が良いでしょう。

 

嫌がっている子供に無理をさせても続かなくなり、伸びるはずの才能もダメになってしまいます。

 

早期教育のメリットをおおいに生かして、出来るだけ早く検討することが大切です。